【ボブが「似合わない」人と「似合う人」】

こんにちは!Baumの木下光治です!


さて、今日は、、、




*ボブが似合わない理由

「ボブにしたいけれどきっと似合わない…」という人の多くは、顔型を気にしている傾向があると思います。

*「面長」さんが似合わないボブは?

面長さんは縦長なので、トップにボリュームのあるボブはNG。

*「丸顔」さんが似合わないボブは?

横にボリュームがあるボブはさらに丸さが強調されて似合わない。

*ボブを似合うようにする「コツ」

『実は、ボブは長さや毛先のニュアンスでどんな人にも似合う!』

“ボブ”とは基本的に長さを指すのではなく、襟足辺りで切りそろえたおかっぱ風の“形”のこと。その ボブのいちばんの魅力は、顔型や髪質、テイストを問わず、どんな人にも合わせやすい所。例えば全体の長さだったり毛先のあしらいによって、気になる部分をカバーすることが可能です。

清潔感があってあか抜けて見えるのも高ポイント!

*面長や卵型の場合、あごラインボブがおすすめ

“ボブ”と聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのがこの長さ。内巻きも外ハネもウエーブも、収まり良く仕上がります。髪質にもよりますが、エアリーにしやすいのでペタ髪さんの味方にも。毛先と肩の間に空間が開くため、首元がすっきり見えてあか抜けます。

*丸顔やベース形の場合、肩ラインボブがおすすめ

ボブの中でも注目度が高い長さ。ロングのボブ=“ロブ”とも呼ばれるレングスで、ちょこんと結ぶこともできるから活用範囲は広め。顔周りの髪でフェースラインを隠せるから、エラ張りさんにおすすめ。フォルムがペタンとなりがちなので、毛量が少ない人は注意です。

*逆三角形(ハチはりさん)の場合、リップラインボブがおすすめ

コンパクトなシルエットになるから、スタイル良く見えるのが最大の特徴。うなじが全開になった潔さと軽快さは、個性的に見えておしゃれ! 頭の丸みが強調されるため、逆3角形の顔の人でもまろやかな印象に。メリハリが大事なので、やや多めの髪の方がハマります。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示