【女性ホルモンと髪】


こんにちは!Baumの木下光治です。


女性らしさを保ち、妊娠や出産に備える身体を作る女性ホルモンですが、実は髪の健康とも深い関係にあるのをご存知でしょうか?

更年期に入って抜け毛や薄毛が気になりだした方も多いと思います。

これは女性ホルモンのバランスが崩れた影響で髪が抜けやすくなった為。

遺伝だからと諦めるのはまだ早いです!女性ホルモンのバランスを整えることによって抜け毛や薄毛、その他髪のトラブルを改善することは十分に可能。

いつまでも美しい髪をキープしたい方は毎日のヘアケアだけでなく、女性ホルモンのバランスも意識するようにしましょう。

「女性ホルモンとは?」

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在します。

※エストロゲン

エストロゲンの別名は卵胞ホルモン。

抗酸化作用があり、卵胞を育てる働きがあります。

お肌や髪のコラーゲンを増やし、女性らしさを保つ為に必要なホルモンでもあります。

更年期障害や月経前症候群など女性特有の症状もこのエストロゲンが関係しています。

※プロゲステロン

プロゲステロンの別名は黄体ホルモン。

妊娠時、お腹の中にいる赤ちゃんとママの体を守る働きがあり、子宮内膜の状態を正常にしてくれます。

むくみやイライラの原因になるのもこのプロゲステロンと言われています。

このように2つの女性ホルモンが分泌されることによって女性らしさを保ったり、妊娠や出産に備えたりすることができるのですが、女性ホルモンはストレスや体調の変化で簡単にバランスが崩れるので、髪や身体に悪い影響を与えてしまうケースも少なくないのです。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示